2006年05月31日

島らっきょうの天ぷら

おきなわココロ:藤井

rakyoten01.jpg
画像はすべてクリックで拡大

そろそろ旬の島らっきょうの時期が
終わりそうなので、名残惜しさに天ぷらを
作ってみました。
沖縄の居酒屋では大人気のメニュー。
本土のらっきょうとは違ったしゃきしゃき感が
一度食べたらクセになる味!お酒のお供にぜひどうぞ。

材料
●島らっきょう  1束
●小麦粉     1カップ
●卵       1個
●冷水      1カップ
●揚げ油     お鍋に合わせて適量
●塩       少々(深層水の塩

作り方
rakyoten02.jpg
1.島らっきょうは薄皮をむいて洗い、根っこと緑の葉部分を
 カットした後、水気を拭き取っておく。

rakyoten04.jpg
2.分量の冷水に卵を溶きいれ、混ざった所に小麦粉を投入。
 ササッと混ぜる。だまが残ってるくらいでOK。

rakyoten05.jpg
3.できた衣に島らっきょうを放り込む。

rakyoten06.jpg
4.165〜180℃に熱した油に衣をつけた島らっきょうを入れる。
 全体が薄くきつね色になるまで揚げる。

rakyoten07jpg.jpg
5.いい色具合になったら、バットに上げて油を切る。
 で、出来上がり〜♪


ポイントは冷水!衣がカラッと揚がります。
食べるときは、塩がオススメ♪それも美味しい塩を少しだけ♪
素材の味がホントに楽しめる一品です。
今回作ったヤツは大成功で、冷めてもパリパリでした。
ぜひ、お試しあれ!

今回は、そのまま揚げましたが、
揚げる前にらっきょうを塩揉みしてもよいみたいです。

島らっきょうなんて手に入らないけど、食べてみたい!
って方は、おきなわココロまでお問い合わせください。
まだ、お送りできるかもしれません。


Copyright (C) 2005-2006 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
posted by おきなわココロ at 22:26| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 沖縄っぽいレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

沖縄の焼きそば

おきなわココロ:藤井

DSC_3515.jpg
クリックで拡大

今日はスタッフ揃ってお昼ご飯に食堂へ。
ちょっとオモシロいものを見つけたのでご報告。

何と!ソース味の焼きそばです!
って、普通じゃん、と思われる方がほとんどでしょうか?
いやいや。笑。

沖縄の食堂で焼きそばと言えば、麺はもちろん沖縄そばです。
ちりちり中華麺は使いません。
個人的には焼きそばはもうひとつの沖縄そば文化と
思えるくらい具材も味付けもお店によって様々。

ポークや豚肉やかまぼこやキャベツ、人参、
玉ねぎ、もやし、青菜。
日によって具が違ってたりするお店も多々ありです。

味も塩味、醤油味が主流ですが、中にはケチャップ味とかも
あるみたいです。(ケチャップ味は未経験ですが...。)
個人的に家で作る時は、ダシ汁に塩メイン、醤油少々、
隠し味に砂糖で作ります。

そして、これに紅しょうがをちらすのがウマい!

で、意外に少ないのがソース味。
実は、私は食堂でソース味の焼きそばは始めて食べました。
新しい発見って感じで美味しかったです。
考えてみれば、焼きそばにソースって基本ですよね〜。笑。

一説には、台風で外に買い物に行けない時に家にあった
あり合わせで作ったので、台風焼きそばと言われるという話も。

皆様も沖縄にお越しの際には、一度食べてみてくださいね♪
まさに、沖縄の家庭の味です。
ちなみに美味しいと評判の沖縄そば屋さんとかには、
焼きそばはほとんどおいてません。
あくまで、食堂メニューの一品です。

個人的には、沖縄市辺りの外人さんも出入りする
怪し気な食堂の焼きそばは美味しい所が多いような
気がします。


Copyright (C) 2005-2006 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif

posted by おきなわココロ at 22:48| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

月桃(サンニン)の花

おきなわココロ:藤井

n00708.jpg
クリックで拡大

梅雨入りした沖縄。沖縄は北海道と化してしまったのか?
と思わせる程、晴天続きだったのですが、
やはり梅雨らしいです。とうとう降り始めました。

蒸し暑さはなく、気温も低めなので事務所内はわりと
快適で、やらなきゃいけない事は山ほどあるのに、
午前中はかなりまったりと過ごしてしまいました。
こういう時間もたまにはよいものです。

まったりついでに今日は月桃(げっとう)でもご紹介。
この葉の香りはほんわかと優しい感じで大好きです。
沖縄の方言では「サンニン」と言います。
「3人」って意味ではないです。念のため。笑

サンニンには、殺菌・防虫効果があるそうで、
旧暦の12/8にはこの葉っぱでお餅を包んで蒸す
ムーチー」が作られます。
この葉っぱで包む事で、暑い沖縄でも常温で
わりと長い事保存が効きます。
冷蔵庫がなかった時代の昔の人々の知恵ですね。

常緑樹で葉は年中そこここの家に見られるのですが、
このサンニンには年に1回花が咲いて実がなります。
で、今の時期が花の季節。
こういう白いブドウみたいな房がだら〜んとぶら下がります。

画像はつぼみの状態。
このひとつひとつが開いて、黄色い花を咲かせ、
その後オレンジっぽい実になります。

個人的にこのつぼみの状態が一番好きです。
淡〜い白とピンクの色合いが見ていてくつろぎます。
触ってみるとけっこう堅いとこが、沖縄らしいのですが。

ホントはいけないと思います。でも。
このつぼみを手折ってもむと、サンニンの香りが
指に残って心地よい気分になります。

ネットに欠けている触覚と嗅覚のお話なので、
文章でしかお伝えできないとこがもどかしい気もします...。
後はみなさまの第六感でお楽しみください。ね。

Copyright (C) 2005-2006 www.okinawanstyle.com All Rights Reserved.
※この記事内の画像の無断使用はご遠慮ください。

posted by おきなわココロ at 22:43| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

一杯の沖縄そば!

おきなわココロ:藤井

DSC_3250.jpg DSC_3257.jpg
クリックで拡大

たまには仕入れ先のお話でもしてみましょうか。
那覇市首里の閑静な住宅街の一角。
昔ながらのつたの生い茂る石垣に囲まれて、
蔵を構えていらっしゃるのが、「玉那覇味噌醤油」さん。

創業146年の老舗です。琉球王朝御用達だったお味噌とお醤油を
今も変わらず昔からの製法で作り続けておられます。
100%国産の原料を使用し、食品添加物や化学調味料が一切
入っていないカラダにやさしい調味料です。

味噌も醤油も塩のみの味付けなので、そのまま舐めると
しょっぱい感じがしますが、のどを通ったら後をひきません。
個人的には、ごまかしのない真剣勝負な味だな〜と思います。
職人さんだな〜と思います♪

最初、注文の品を取りに行った時は、その無愛想さに
多少ひきました。笑。
で、先日仕入れでお邪魔したら、相変わらず無愛想に
「今日は、そばしたからさ〜」と、ちゃちゃっと
沖縄そばを出してくれました。
具はねぎのみ。だしはもちろん玉那覇さんのお醤油使用。

「今日は疲れてるね〜と思う時もあるけど、みんなのご飯の事
考えたら、作らないと〜と思って身体が動くさ〜」と味噌を
練りながら話してくれました。
70代になっても、働いてご飯作ってるお母さんです。
かっこいいです。ウチナー母さんです。長生きして欲しいです。

ちょっと、落ち込み気味だった上にお昼を食べてなかった私。
この日いただいたそばは本当に美味しかったです。
食べ終わったお皿を洗いながら、この味を絶対忘れないで
おこう!みたいな事を何だか考えてました。


Copyright (C) 2005-2006 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 22:28| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

沖縄産とうもろこし

おきなわココロ:藤井

DSC_3241.jpg
クリックで拡大

沖縄は梅雨に入ってからというもの、何かやたらと晴天続き。
この時期の晴れの日って雲の感じも良くて、
まだクーラーをつけなくても、窓を開ければ暑さもしのげます。
仕入れに向かうドライブも気持ちがいいです。

で、爽快な気分で仕入れ先に向かったら、
今年の初物とうもろこしを発見!
意外に知られていない事実ですが、
実は沖縄でもとうもろこしって採れるのですよ。
その上、これがかな〜り甘い♪

店頭に並ぶのはほんの短い期間なので、
これを逃す手はない!と、早速おいしそうなヤツを物色。
ちょうど、栽培している農家のおばちゃんが、袋詰め中。
「とうもろこし美味しそうだね〜」と話してると、
「この時期のは美味しいよ〜」と嬉しそうにしてました。

で、買い物に来ていたおばちゃんも
「私は昨日食べたけど美味しかったよ〜」と参加。
「じゃ、私も買って食べてみようね〜」とにわか買い物友達が
できて楽しいお買い物のひとときでした。

あれやこれやたわいない会話を交わしてるうちに得た
プチとうもろこし情報。
とうもろこしのひげを乾燥させて、煎じて飲むと
腎臓にいいらしいです。
いつもながら思うのですが、先人たちのこうした知恵には
感心させられます。

市場に買い物に行ったり、おばーの家に
遊びに行ったりしてもそうなのですが、
最近どうも調子が悪いってな話をすると、
そういう時はあれ食べなさいとかこれ食べなさいとか、
必ず食べ物をススメられます。

医食同源という言葉がありますが、
こういう昔ながらの知恵にはかなり助けられてる私です。
不思議な事にススメられた食べ物をその時々で食べると、
美味しく感じるのですよね〜。
これってカラダが求めてる物なんだろうな〜と
妙に納得してしまったりします。

ゴーヤーなんてほんといい例です。
やはり夏のゴーヤーは美味しいです。
後、風邪ひきそうだな〜って時のゴーヤーも美味しい。
いろいろ調べてみると科学的にも根拠があるのですよ。

「モモルデシン」というゴーヤーの苦み成分は
胃腸を刺激してくれて食欲を増してくれるらしいし、
ビタミンCが豊富なので風邪の予防にもばっちり!

ひょっとしたらそれぞれの季節に採れる旬の食材って、
その時期に必要な栄養素がいっぱい詰まってるのかも
知れないですね?
季節感の薄れてきてる最近の食材ですが、
美味しい食材を美味しい時期に食べたいものです。

で、食べたとうもろこしは...。
もちろん、最高〜に美味しかったです。笑。


Copyright (C) 2005-2006 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 21:35| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。