2007年03月30日

沖縄の免税店

おきなわココロ:藤井

DSC_3874.jpg
画像はクリックで拡大

東京に行くので、久々に那覇空港の
出発ロビー内に足を踏み入れました。
で、そういや、こんなのもあったな〜と
思い出したので、ご紹介してみます♪

沖縄にいらした事のある方々には周知の事実
かとも思いますが、那覇空港には
国内線の出発ロビーに免税店があります。
世界最大の免税店展開で有名なアメリカの
DFS(Duty Free Shoppers)社の出店です。
最近では那覇新都心にも巨城のようなショップを
出店してます。笑。

ちなみに個人的確認のために少し調べてみたら、
免税店の定義とは、ズバリ、税金を免除するお店!
って、わかりずらいですか?笑。

外国からの輸入品がなぜ少しばかりお高めかと
言うと、関税がかかるかららしいです。
で、その国の人間でない海外からの旅行者に
その国に納められるはずの税金を免除して、
ま、消費税の違いはあれ、関税なしの生産国の
販売価格で商品をご提供しよう!というのが、
免税店の趣旨らしいです。

ゆえに海外の免税店でお買い物をする時には、
購入者がその国の人間でない証明(パスポートや
航空券)が必要になるそうです。
旅行者には、なかなか嬉しい仕組みですよね♪

え?じゃ、沖縄の免税店で買い物するには、
パスポート持ってかなきゃいけないの?とか
外国人でなきゃいけないの?と思ったりした方。
ご安心ください。笑。
パスポートを持ってなくても、日本人でも、
航空券さえあればお買い物が可能です♪
もちろん、地元沖縄在住でも他地域に行く
航空券を持っていれば買い物できます。

何で?かと言うと...。
第2次世界大戦後、沖縄はしばらくアメリカの
占領下におかれていました。
その後、日本の一県として復帰した辺りで、
沖縄の経済の振興のために沖縄振興特別措置法と
いうものが設けられた訳でして。

その一環で、県外に出る方々には関税を
免除してよいというのが、
政府によって決められたとか。
ゆえにこれらの免税店では、海外からの
ブランド品が多少お安めで購入できるという
仕組みなのです。

海外に旅行に出かけても、ブランドものというよりは、
地元スーパーなどを巡るのが大好きな私ですので、
特にこの商品がオススメ的な情報が
ご提供できない辺りが誠に申し訳ないのですが...苦笑。

税金がほとんどのお酒やたばこはかなりお安めで
買えます。
ま、どちらも安く買い占めるのはオススメできない
商品ですね...。笑。

海外旅行的お土産がいろいろ並んでる事だけは
確かです。
興味のある方。沖縄旅行の際には、
一度覗いてみてくださいね♪


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
ラベル:沖縄 観光 旅行
posted by おきなわココロ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄生活  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

東京でした

おきなわココロ:藤井

しばらくこのブログをおさぼりしてました。笑。
いつも楽しみに覗きにきてくださる皆様には
お待たせしました♪

久しぶりに東京に行ってきました。
いや〜。相変わらずの人、人、人。
都会はやっぱり人が多いですね。

で、今回は沖縄のお話ではありませんが、
東京訪問を画像など交えてのお話です。

DSC_3974.jpg
画像はすべてクリックで拡大

開花宣言直後の東京の桜です。
染井吉野はまだまだ堅いつぼみって感じのが、
多かったです。
で、これは寒桜なのでしょうか?
沖縄では、まず見かけないまっ白な桜!
こ〜。繊細な感じがして美しいです。


DSC_3907.jpg

桜の木の合間合間につばきの花も見つけました。
沖縄にも椿は咲きます。
が、空の色の違いでしょうか?沖縄で椿の花が
いいな〜と思った事があまりないのです。
この日見た、曇り空の下の椿の色はそれは美しく。
この色っていうのは、やっぱり「和」な色なのですね。


DSC_3981.jpg

で、宿泊先が池袋だったので、夕方から
サンシャインの水族館に行ってみました。
意外な場所で沖縄の珊瑚礁に出会いました♪
その他にも、伊豆の海とかオーストラリアの海とか
いろいろ見れたのは、なかなか楽しかったです。


DSC_4011.jpg

まったくの偶然なのですが、上野でなんと。
天皇皇后両陛下にお目にかかる事もできました。
体調不良らしい美智子さまなのですが、
笑顔で手を振ってらっしゃいました。
かなり美しい方だな〜と思いました。
(画像でお届けできないのが残念です...。)
おきなわココロ社員もビックリのハプニングです。


DSC_3909.jpg

で、本日のおまけ。
東京都知事選挙戦、まっただなかの東京でした。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

3月のプレゼント

おきなわココロ:藤井

DSC_3827.jpg
画像はクリックで拡大

全国的に桜のニュースも聞かれるように
なりましたね。春です〜♪
入園や入学やはたまた転勤や移動やで新しい気分で、
4月を迎えられる方も多いのでしょうか?

実は、ココロのスタッフMにも数日前に
第2子が誕生しましたっ!
何だか、新しい仲間が増えたようで、
嬉しい気分の今日この頃です♪
新年度に向けて、ココロスタッフ一同も
気持ちも新たに前進して行きたい所存でございます。

で、今月も晴れやかにプレゼントのお知らせ
いかせていただきます!

present35.jpg

ハイ。今月は、
●ドラゴンフルーツの錬り込んである「さーたーあんだぎー」
●はんだま(水前寺菜)入り「ハンダマドーナツ」
●マンゴーピューレ入りの「マンゴースコーン」

の手作り焼き菓子セットです♪
使っているお野菜やフルーツもすべて沖縄産の
変わり沖縄菓子。ココロスタッフも大好きなおやつです。

アンケートに答えてくださった方の中から
3名様にプレゼント!
ご応募はこちらから。
(2007年3月31日締切です。)

今月のアンケートは、小さい頃の食について。
食事中に親に口すっぱく言われた事とか、
自分の子供に気付けば、言ってる事とかあったら、
教えてください。

それと、子供の頃、スーパーや駄菓子屋さんで、
食べた(禁断の?)味ってみなさまありませんか?
身体に悪いかもな〜と思いながらも、ついつい
買ってしまうあの菓子やこのお菓子...。笑。
当時の思い出など含めて、みなさま多いに
語っていただけると嬉しいです♪

って事で、近所のスーパーにある駄菓子屋さんに
出かけてみました。笑。
私の子供の頃によく見かけた駄菓子ってこんなのです。
今でも、変わらず売ってるものって結構あるんですね。

しかし、こ〜、駄菓子屋さんの雰囲気っていうのは、
ほんと〜にドキドキワクワクします♪
あれにしよっかな〜、これにしよっかな〜、
わ、こんなのもあるっ!みたいに子供に混じって、
はしゃいでいる自分を発見してしまいました。
やたら、購買意欲をそそられるあの雰囲気っていうのは、
一体なんなのでしょうね?


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄生活  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

赤瓦のお話

おきなわココロ:藤井

DSC_0329.jpg
画像はクリックで拡大

沖縄と言えば、青い空に青い海。
そして、この「あかがーら(赤瓦)」の民家って
いうのが、何か定番な観光イメージですよね。笑。

一度でも沖縄を訪れた事のある方ならご存知かと
思いますが、こうした赤瓦の屋根の木造平屋の
家は今、沖縄ではあまり見かけません。

竹富島などの町並み保存地区で、細々と昔ながらの
漆喰で固めた赤瓦を目にする事はできます。

いきなり余談ですが、以前に竹富島に観光(笑)で
いった時に、本土出身で三線を奏でつつ、見事な
島唄を披露するガイドの方のお話によると、
竹富島では、家の窓をアルミサッシに変えるのにも
景観を損なわないように茶色にしなきゃいけないとか。
町並み保存地区というのもなかなか大変です。

で、話を本題に戻しますと。
この赤瓦。本島中南部に特有の島尻泥岩という
土で出来ています。
沖縄方言で、「クチャ」と言われるこの土は
粒子が細かく、吸着性に優れているらしいので、
昔は女性の髪洗い粉、最近ではパックでも有名に
なりました♪

沖縄の赤瓦の独特の赤い色はその焼き方に
秘密があるらしく、低い温度でたっぷりと空気を
送ってじっくり焼くゆえにこの色になるそう。
この焼き方で焼くと、吸水性が高いらしく。
気温もさる事ながら、湿度も高い沖縄の夏には、
この瓦はまさに気候風土に合ったものだった訳です。

赤瓦を使うと、家の中の気温が約4度程下がるという
赤瓦会社の実験データもあったりします。
ま、実験どうのこうのは別としても、確かに
中学の頃に亡くなったひーおばーの家は、
窓開け放ちでエアコンの「エ」の字も
扇風機の「せ」の字もなかったのですが、
カラッと涼しかった印象があります。笑。

ちなみに同じ土を使っても、より製法の難しい
高温堅焼きみたいなのもあったらしく。
こちらは、吸湿性が低めで灰色だったそう。
元々の首里城などは、こちらの瓦が使われて
いたそうですっ!
灰色屋根の首里城って想像つきませんよね〜。

で、昔ながらの赤瓦の建物は、このまま消え行く
運命なのか???と思いきや、そうでもありません。
最近のエコやクールビズ傾向に習ってか、
意外に沖縄の地方自治体の建物とか、公共施設とかの
屋根が赤瓦造りのものが増えてます。

鉄筋コンクリート建ての建物にドーンと赤瓦の
屋根がそびえている建物も見かけるように
なりました♪
こういうのって悪くないと思います。

そのうち、赤瓦仕様のジャスコとか、
赤瓦仕様のマックとか、赤瓦仕様の
リゾートホテルとかできるかも知れません。
というか、できて欲しいです...。笑。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 22:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 沖縄の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

沖縄伝統のハデハデ菓子

おきなわココロ:藤井

沖縄の伝統的なお菓子と言えば、
ココロでも販売しているちんすこうとか、
黒糖とか、タンナファクルーとか、
こ〜、地味ぃ〜な色合いのものが多いですよね♪

那覇市牧志の公設市場に出かけたので、
ふと思いたって、それらとは対局を行く、
派手目のお菓子を少し買い集めてみました。
家に持ち帰ってしみじみ眺めてみると、
こりゃ、京都の和菓子もびっくりのカラフルさかも?
なんて思ったので、ご紹介してみる事にします。笑。


DSC_3579.jpg
画像はすべてクリックで拡大

●こーぐゎーし
干菓子。大きさは手のひら程でしょうか?
他の地方で一番近いのは落雁かと。
米粉とお砂糖を混ぜたものをはすの花の
形に固めたもの。甘さは落雁より控えめ。
これは、かなり派手目ですが、一般的なのは、
まっ白か薄いピンクが多いです。
法事などの際に使われます。

DSC_3542.jpg

●こーぐゎーし お魚バージョン
ちなみに味も製法も大きさも同じですが、
鯛の形もありました♪笑。
こちらは、めでたい系かと。

DSC_3583.jpg
●マチカジ
松風。こぶし2つ程のものが一般的。
最近は、小さめのものも売ってます。
ド派手ピンク。味の想像がまったくつかない方も
多いと思いますが、瓦せんべいのしょうが味です。
表面のごまがびっしりまぶしてあり、見た目に
比べて素朴すぎる味のミスマッチが楽しい。笑。
ちなみに沖縄の結納では定番のお菓子。
縁を結ぶという意味があるらしいです。

DSC_3586.jpg DSC_3589.jpg

●つゆ草
なぜこれがつゆ草なのかは全く不明...。
和菓子の影響なのでしょうか?
黄緑色のホットケーキにつぶ餡を包んだものと
表現するのが、一番近いかな?
こちらも色の強烈さに比べて、味は普通に素朴。


って事で、今日ご紹介したお菓子たちも、
ちんすこうや黒糖にひけをとらないくらい
味は素朴なものばかりです。笑。

今回、ご紹介したお菓子は市場本通りの
「外間(ほかま)製菓店」さんで購入しました♪
沖縄に遊びに来た際には、こういうお菓子を
味わってみるのもまた一興かと...。

「外間製菓店」
沖縄県那覇市牧志3丁目1-1-1F
TEL:098-863-0252


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。