2007年07月25日

海ぶどうのサラダスパ

おきなわココロ:藤井

budo01.jpg
画像はすべてクリックで拡大

全国的にもやっと、梅雨が明けつつあるようですね。
今日あたりは夏日を記録する所が多いようです。
こういう気温の変化の激しい時が一番夏バテしやすいかと
思いますが、みなさまも気をつけてくださいね♪

と言う訳で、今日は先日食べた海ぶどうのパスタから
ヒントを得て、夏の食欲がない時にでも
サラッと食べられる海ぶどうのサラダスパゲティーを
作ってみたのでご紹介してみます♪

食材
budo12.jpg
沖縄ではこんな感じで室温でプラスチックパックに
入って売っている事が多いです。
水に漬かった状態で売っている物は、
ザルにあけて、水気を切っておいてください。
ちなみに海ぶどうは、浸透圧の関係で(多分...苦笑。)、
冷蔵庫などで保存すると萎んでしまうので注意です。


材料(1人前)


●パスタ(乾燥)    50g
●海ぶどう       40g
●スモークサーモン   30g
●旬のお野菜      250g(トマト、きゅうり、レタスなど)

【パスタソース】
●オリーブオイル    大さじ2
●シークワーサー果汁  大さじ1(山原シークヮーサー
●もろみ酢       大さじ2(球美のもろみ酢(無糖)
●塩          小さじ1/2(深層水の塩(普通)
●しょうゆ       小さじ1
●煮切りみりん     小さじ1
●たまねぎorにんにく  みじん切り少々


作り方

budo03.jpgbudo04.jpgbudo05.jpg
1.まずはソース作り。オリーブオイルから順に材料を
 器に入れて、混ぜるだけ。シークヮーサーはレモン、
 もろみ酢は普通のお酢でも代用可かと思います。

budo07.jpg
2.最後にたまねぎのみじん切り、もしくはニンニクのみじんを
 加え、全体を混ぜたら他の材料を準備している間、
 冷蔵庫などで少し寝かしておくと味がなじみます。

budo08.jpg
3.少々の塩を入れて、お湯を沸かしパスタを茹でる。
 茹で時間は使用するパスタの茹で時間に従って。
 ちなみに今回は4mmのパスタを使用しましたが、
 まだ太いくらい。細い方が美味しいかと思います♪

budo09.jpg
4.パスタを茹でている間にお野菜の準備。サラダ系の
 冷蔵庫に入ってるお野菜でいいと思います。
 ちなみに今回はレシピ用なので、ちょっとベビーリーフ
 なども使ってみました。笑。

budo10.jpg
5.スモークサーモンも食べやすい大きさに
 2〜3切れに切っておく。

budo11.jpg
6.パスタがいい具合になったら、ざるにあけて
 水気を切り、全体を混ぜながら粗熱をとる。
 パスタは水洗いしない方が美味しいかと...。
 で、お皿にパスタ、お野菜、スモークサーモン、
 海ぶどうを盛りつけて、パスタソースをかけて、
 召し上がれ〜!


ちなみに、海ぶどうがどうしても手に入らないって場合、
めかぶやわかめなどでいただいても美味しいかと
思います♪
海ぶどうの塩気を考慮して、塩分は少し控えめにして
あるので、めかぶやわかめをご使用の場合、
パスタソースの塩はお好みで加減していただけるとよいかと。

調理時間も15分程で簡単に作れるし、
お酢やシークワーサーの酸味でツルっと
食べられるので、これからの暑い季節にはオススメです!
暑くても、バランスのよい食事を心がけたいですものね♪



Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄っぽいレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

夏祭り

おきなわココロ:藤井

毎週末、探せばどっかでイベントやってる
夏真っ盛りの沖縄です。
週末はゆっくりまったりしたい派の私なので、
混んでるイベントとかに出かけるよりは、
できるだけ人混みは避けたい気が
しないでもないのですが、
ま、そうもいかない時もあります。笑。

と言う訳で、昨日は私の居住地区である
浦添市主催の「てだこまつり」へ。

沖縄方言では、太陽の事を「てぃーだ」と
申しまして、てぃーだの子(てだこ)という名の
浦添の王様がその昔、いらしたそうで。
その辺りがこのお祭の名前の由来らしいです♪

で、お子の保育園のぞう組さん(4歳児)が
このお祭の「ちびっこエイサー隊」という
プログラムに出演する事になってまして...。
4時集合だったのですが、まだまだ夏の
日射し強烈に照りつける状態で準備です。

DVC00141.jpg
画像はクリックで拡大

控え場所で、まずは沖縄の伝統芸能である
エイサー独特の衣装(ちびっこバージョン)に
変身〜。保育園の体操着の上にさらに
衣装をまとい、帯を締め、はちまき。
子供達はすでに汗だくですっ!

DSC_9474.jpg

この汗具合なら大人はとっくにめげてるかもですが、
子供達は元気いっぱいですねぇ。
みつけた着ぐるみキャラクターを追っかけ回し。
着ぐるみキャラクターの方が、めげてたかも...。苦笑。

DSC_9494.jpgDSC_9498.jpg

いよいよ開演!
浦添市の12の保育園から参加した
総勢500人が会場いっぱいに
パーランクー(小太鼓)を打ち鳴らします。
ちっこいながらもなかなか壮観です♪

で、すべての親ばか?孫ばか?保育士ばか?
園長ばか?なども揃って必死に、
日傘をさすなり、カメラをかまえるなり、
ビデオをかまえるなりして、うちわを片手に、
子供達の演技を絶賛するのです。よいです♪

DSC_9513.jpg

で、準備段階に、はしゃぎすぎて
演舞が終わる頃にはヘロヘロだったお子達...。
我がお子も頑張ったので、解散後に
屋台でシャーベットを買ってあげました。
食べると舌が思いっきり緑色になるヤツ。

普段、こんなものは滅多に口にできないお子には、
感動の味だったらしいです。
あ〜。その気持ち分からないでもないな〜なんて
思いながらも、ものの5分程でシャーベットを
フィニッシュしたお子にびっくり...。

DSC_9519_02.jpgDSC_9574.jpg

なんだかんだで、遅くなってしまったので、
え〜い。お夕飯も屋台ご飯です。
ちなみに沖縄のお祭の典型的屋台はこんな感じ。

たこ焼き、お好み焼き、焼き鳥、焼き飯、
焼きイカ、焼きとうもろこし、アメリカンドッグ、
焼きそばあたりが定番ですか?
お店によって味具合も量もかなりバラバラでした。

一番美味しそうだったお店で、迷ったあげく
焼きそばにしました!
こちらのお店の焼きそばは、沖縄そばを使ってて、
キャベツとにんじんとウィンナー入り〜。

いや、取り立ててものスッゴイ美味しいお味では
ないのだけど、こうして芝生の上で、
ちょっと涼しく吹いてきた風を感じつつ、
外で食べる夏祭りの味ってのは、
やっぱりどこか記憶に残る味ですね♪

大人になって食べても何か美味しかったです。
で、ふと横を見ると大人一人前をほぼ
食べ切っているお子の姿が、すっごい満足気。笑。
何か分かる分かる!こういうの、嬉しいんだよねっ!

Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄生活  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

沖縄のサーターアンダギープレゼント!

おきなわココロ:藤井

DSC_9463.jpg

テレビでは、新潟の被災地のニュースを毎日
目にするこの所ですが、みなさまがお住まいの地域では、
地震や大雨による被害など大丈夫ですか?

こうした自然の猛威の前では、人間はなす術もなく
その存在の小ささを感じてしまう事もあります。
でも、どんなに小さな存在の人間でも、
そこに存在している以上、必ず生かされている意味が
あるのだと、信じて疑わない私です。

って...。
今日はちょっと真面目な話になってみたりもしましたが、
え〜と、実はプレゼントのお知らせです!(恥。)

present39.jpg

今月は、ココロスタッフを始め、地元沖縄で
根強いファンの多い、サーターアンダギー専門店
「仲里屋」さんのサーターアンダギーと、
さとうきびの絞り汁を煮詰めて、
固めただけという「純黒糖」、そしてお菓子の友と
して一緒に飲んでいただきたい「ウコン入りゴーヤー茶」。
以上3品のセットです♪

サーターアンダギーも黒糖も沖縄と言えば、
定番のお菓子となっていますが、今回のものは、
ひと味違うかと思います。お楽しみに!
アンケートにお答えいただいた方の中から
3名様にプレゼント!
ご応募はこちらから。
(2007年7月31日締切です。)

今月のアンケートのテーマは、ケーキ!
あなたの好きなケーキは何ですか?
それと、お誕生日ケーキにまつわる
みなさまの悲喜こもごものエピソードも
教えてくださいね♪
いろいろなご回答楽しみにしてます。


さて、↑の画像ですが、実は以前にこのブログでも
ご紹介したことのある「がじゅまる」の木です。

沖縄では、大きく成長したものは、ご神木として、
地域の人々に大事にされていたりします。
このがじゅまるの木もそんな中のひとつで、
毎朝この木の下を通る私を、今日も一日
守ってくれるようで、何か大好きな木です。

実はこの木。先日、沖縄本島を直撃した
台風4号の被害で、その立派な枝が折れてしまい、
一時、道路が閉鎖になってしまった程...。
もうだめかな?と気になって、その後見に行って
みたら、こんなになってました。

あんなに立派だった枝も、その枝が作ってくれた
日陰もなく、太い幹だけの姿になってましたが、
近づいてよくよく見ると、所々に小さな新芽が
すでに顔を出していました♪
きっと、今まで見守ってくれてたので、
しばらくは、私がこの木を見守ってやる番かもです...。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

久米島旅行記 その3

おきなわココロ:藤井

先週は久米島の後、私用で連休も留守にして
しまったので、随分と時間がたってしまいましたが、
久米島旅行記、最終回。食べ物編いかせていただきます〜。

久米島に、お昼過ぎに降り立った初日。
レンタカーを借りたり、ホテルにチェックインしたりで、
すっかりお昼時間を過ぎてしまってまして。

島に行ったら、ご当地沖縄そばは絶対味わいたいと
思っているのですが、火曜日のこの日は多くの
沖縄そば屋さんが定休日。
その上、お昼時間をとっくに過ぎてしまっていたので、
その他ランチをやってるお店も夜の営業に備えて
休憩中...。困った...。途方に暮れた...。お腹空いた...。

で、目についた観光センターのような所に
飛び込んで、何か食べられるお店教えて下さい!

DSC_8509.jpgDSC_8497.jpg

教えていただいたのが、こちらのお店。
「ちゃんぷる2」というタコス屋さん。
サルサソースやトルティーヤも手づくりだそう。
タコスの種類もツナ(捕れたてマグロ使用)、
ビーフ、後、カレー味のチキンと3種類2個入り。

今回は、ビーフとチキンを注文して、
1個づつ食べてみましたが、具がたっぷりで、
お肉の味付けもあっさり系で美味しかったです♪
使ってるトマトが真っ赤で、すっごい甘かった〜。

DSC_8999.jpgDSC_9011_02.jpg

同行者の事前リサーチにより久米島と言えば、
エビと地鶏らしい情報は事前に得ていたので、
ホテルの方に両方食べられるオススメのお店を聞いた所、
教えてもらったのが、こちら。「海坊主」。

時価かとも思いますが、この日は伊勢エビが
1匹1,500円でした♪
バター焼きとお造りから調理法も選べます。
こ、これは、もちろんお造りっ!

サイドに添えられたシークワーサーを
ひとたらしして、そのまま食べてみると...。
甘〜い♪感動のお味でした。
ちなみに地鶏の方も至福...。
砂肝の焼き鳥(塩)がぁ〜〜〜。
忘れられない...。笑。

DSC_9287.jpgDSC_9295.jpgDSC_9299.jpg

で、二日目のお昼は何が何でも、沖縄そばっ!と思い、
何とかたどり着いたのが、こちらの「喜八」。
沖縄料理のお店らしく、お料理のメニューが豊富です。
沖縄そばの種類もけっこうありました♪

本島では珍しい、味噌そばとかもあって
かなり惹かれたのですが、今回はサクナそば。
別名、長命草、ボタンボウフウなどと呼ばれる、
沖縄では特に離島でお魚料理の友として饗される
独特の薬草です。

トッピングに沖縄そば定番のソーキと呼ばれる
豚肉のあばらを煮たのの他に、このサクナを
炒めた?のがのってるのが新鮮♪
私も初めて食べました。

で、サクナの葉がのってる故にサクナそばかと
思いきや、何と麺にも錬り込んであったのですねぇ。
翡翠色のそば麺は、幅のある平麺で、
豚だし強めのおだしとなかなかのマッチ。
ほんのり香るサクナの風味が素晴らしく
美味しかったです。


と言う訳で、食の感動編〜。

DSC_8503.jpg

「ちゃんぷる2」さんのお鍋いっぱいのサルサソース。
ここのサルサソースは辛い〜っ。ですが、
トマト風味たっぷりで味もあっさり。
暑い久米島の気候の中ではやたら美味しかった。

「写真撮らせてください〜!」と言ったら、
「こんな鍋で恥ずかしいぃ」と言ってましたが、
こんな鍋だからこそ美味しそう!
「でもね、この鍋で作るソースは美味しいから」
ってお話でした。笑。

DSC_9013.jpg

「海坊主」さんでお造りをいただいた後に、
多くは語らずな板前さん(店主?)が、そーっと
持って来てくれた伊勢エビのお味噌汁。

味噌はもちろん久米島みそ!
海鮮だしの甘さと久米島みその甘さが
それはそれは美味しく、
このお味噌汁をいただくためだけにでも、
もう一回久米島に行きたいような気にさせる
絶品でした。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

久米島旅行記 その2

おきなわココロ:藤井

昨日に引き続き、久米島の旅で目にしたもの。
今回は道 間違えたりとかしながら、
えっちらおっちら出くわしたお気に入りのスポットでも
ご紹介してみたいと思います♪

DSC_8812_02.jpg
画像はクリックで拡大

は〜い。まずは手始め?に「ちゅらふくぎ」。
ちゅらというのは、沖縄の方言で「美しい」という意味。
ま、美しいフクギの木という事ですね。笑。

沖縄本島では、ほとんどの家が鉄筋コンクリート造りで
このふくぎの木を家々のまわりに見かける事は
あまり無くなりましたが、木造で赤瓦の昔ながらの
沖縄の家のまわりではたま〜に今でもこのフクギの木を
目にする事があります。

フクギの木はまっすぐに高〜く成長するし、
その葉も密集してつくなどの特徴があるので、
家々のまわりに植えておく事で、台風の際などの
防風林としての役目を担っていたそうです。
久米島には、このふくぎの木がまだまだ島中に
植わっていて、この「ちゅらふくぎ」は中でも、
見事なふくぎの群生でした。


DSC_8750.jpg

ふくぎを始めとして、久米島には幼い頃にうっすらと
記憶に残っている昔ながらの沖縄の風景が
けっこうありました。

ちょこちょこそういう風景の写真を撮ってたら、
近くで作業をしていたおじさんが声をかけてくれて。
メインの通りからちょっこっと入った所にある
集落を教えてくれました。
文化財とかではなく、実際に今でも、
人々が生活しているこういう家がわりと残ってました。
何か懐かしいような、ココロやすらぐ風景を
眺めながら散歩...。

ちなみに、こういう家は、築年数も古いので、
台風などで被害に会うと、ほとんどが
コンクリートの家に立て替えられてしまうので、
年々減少しているそう。

DSC_9044.jpgDSC_9046.jpg

翌日、時間が少しあったので、立ち寄った
やちむんの工房「土炎房」。
実は、昔ながらの家の立ち並ぶ集落を教えてくれた
おじさんは、やきものの作家さんだったのでした♪

コップやお皿や花器などの他に、手びねりシーサーの
体験教室もやってらっしゃるそうで。
かな〜り、試してみたくてウズウズしたのですが、
舟の時間が迫っていたので、やむなく断念...。
仕方がないので、いつの日かという気持ちのもとに
こんな壷をひとつ買いました。

ハクション大魔王の壷みたいで、何かお気に入り。笑。
ひとつひとつ、全部違う表情をしているこの壷さん。
なのですが、どれも全部どこか作家さんに似てます♪

DSC_8542.jpg

急いでいた理由は干潮に合わせて、久米島の東側の
海岸を訪れるためでして...。
まずは、こんなのが臨めます。

奥武島の海岸にある畳石。
砂浜の一部に干潮時になるとこんな亀の甲羅のような
形をした岩が現れるそうで...。
これは、溶岩の流た後が冷えて固まったみたいな?
ものらしく、自然のつくり出した幾何学模様は
なんか神秘的でさえありますね。

DSC_9225.jpg

で、舟の時間を気にしていたのはこのため。
久米島の東側の海岸からさらに座席も日よけもない
小さな舟に30分程揺られてたどり着ける
砂浜だけの無人島「はての浜」です。

島というよりは、360度砂浜だけの海岸という感じ。
見渡す限り、まっ白な砂と海と空のみです。
画像では表現しきれませんが、
日陰も売店もお土産屋さんもありません。笑。
で、モノッスゴい暑さです。
でも、温かい海水はかなり心地よくて。
赤ちゃんがお腹に中にいる時ってこんな感じ
なのかな?

久米島の砂の白さは沖縄本島のそれとは、
さらに格段に違いますっ!
その話をガイドさんにしたら、久米島の砂には
赤土が混ざってないらしく、まさに珊瑚礁とかで
できた砂なのだと教えてくれました。


で、久米島報告第二弾のその他感動編〜。

DSC_9076.jpg

ハテノ浜のトイレ...。
砂浜を掘って、木で囲んだだけです...。
この画像撮影時は「空き」でした。
ま、トイレがあったことにビックリ。

DSC_8765.jpg

子やぎのミルクやり。
久米島の人って、人懐っこく、親切な方が多かったです。
ホロホロ道を歩いてたら、子やぎにミルクやってるから、
見に来なさ〜いって。
とりあえず、見に行ってみました♪かわいい〜。

写真撮りたいならって事で、おじさんはさらに
2杯目のミルクを作って子やぎにやり...。
飲み終わったこの子のお腹はパンパンでした。苦笑。

「おじさん、この子が大きくなったら食べるの?」
と聞いたら、「おじさんはやぎは美味しくないさ」。

その場にいた男の子の写真を撮ってやってというので、
カメラを構えたら、やたらに拒否されてしまいました。
すっごいシャイ。でもかわいい&元気いっぱいな
男の子でした!


と言う訳で、久米島旅行報告第3弾 食編も
いってみたいと思いますが、
明日からの連休3日間、富山へ行く予定なので、
続きは戻ってからという事で...。
ま、台風4号久々に来てますっ!て感じなので、
飛行機が飛ばない場合、も少し早くアップできるとは
思います...。笑。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。