2007年09月30日

ネオパークオキナワ

おきなわココロ:藤井

DSC_2030.jpg
画像はクリックで拡大

早いもので9月もあっと言う間に終わりです。
沖縄に住んでいると、夏の沖縄っていうのは、
やっぱり何かと多忙なので、今年も我がお子に
夏の楽しい思い出を作ってあげる機会が
あまりなく...。苦笑。

仕方がないので、今ごろ罪滅ぼしのように
週末にお子メインのお出かけなどしてみたりも
する母でございます。笑。

で、週末を利用して、名護にある
ネオパークオキナワ」という動物園に
出かけてみました♪

DSC_2031.jpg

こちらの動物園は、園内で放し飼いにされてる鳥達も
たくさんいて、入口の所で売ってる動物用のエサを
買って中に入ると、こうして鳥達が物凄〜く近く
まで寄ってきます。

子供達は、怖がるやら、大喜びするやらで、
近くまで寄って来る鳥達に大興奮です♪
もちろん大人も怖がるやら、大喜びするやらで、
けっこう興奮です♪

DSC_2053.jpg

こんなやぎさん達もいて、こちらが人参など
手にしたもんなら、かなりの勢いで自己主張します。

DSC_2060.jpg

けっこう珍しかったのが、こちらこうもり。
夜行性なはずのこうもりですが、昼間に放し飼いで、
目の前をバタバタ、ギャーギャーと飛び回って
いたりします。
この辺りは、大人の方が大興奮。笑。

DSC_2063.jpgDSC_2066.jpg

変わった動物達もたくさんいて、こちらの鳥など
オスとメスのつがいっぽいのですが、見た目が
全然違います。
でも、どちらもパンクバンドみたいで何か
笑えました。

DSC_2075.jpg

さらに園内を進むと、こんな希少な鳥にも出会えます。
これは、「ヤンバルクイナ」と言って、
沖縄本島北部に生息するクイナ科の鳥です。
国の天然記念物に指定されています。

進化の過程でなぜか翼が退化してしまったようで、
ほとんど飛ぶ事ができないらしいです。
故に野生のものは、繁殖期である5月頃に
交通事故に会ったりする事が多いらしく、
絶滅が危惧されている種です。

現在は、人工繁殖事業が行われているそうで、
この日目にしたのは、つがいなのかも知れません。
実は、私も実物を目にしたのは、初めての経験。
真っ赤な目と真っ赤なくちばしが印象的な
鳥です。

ま、お子の方は、この希少さがほぼ理解できて
いないらしく、ヤンバルクイナの横にいた
亀さんの方に夢中でしたが...。

その他、こちらの動物園では体長3m程もある
大きな熱帯の魚のいる池などもあり...。
ちなみにこの魚。水温が20度以下になると
死んでしまうそうで、冬にはこの魚のいる池の水を
ヒーターで温めたりしているそう。

この魚にもエサをやる事ができるのですが、
1袋200円のエサを売ってる売店のおばちゃんの
お話では、このエサ代で、ヒーター代などが
まかなわれているそう。

「私はエサを売ってるだけだけどねぇ、
毎日この魚達を目にしてると、元気がなかったり
する日は心配になるさ〜。」なんて話してました。

ちなみにこの日の魚達は池の水の入れ替えで、
全然元気がなかったらしく、あまり姿を見せて
くれませんでした。
エサ1袋を池に投げ込んでも、ほとんど顔を
出してくれない魚達にしゅーんとしている
我がお子をみかねてか、おばちゃんはこっそり
もう1袋エサを持って来てくれました。

「水面に力強く投げるんだよ〜。
勢いで魚達が寄って来るからね〜。」って。
ポツポツを姿を見せ始める魚達にお子は興奮し、
エサをパクリっとし始めた様子を見て、うれしそうな
おばちゃんでした。

母的にはけっこう印象に残るひとときでした。
お子的にはどうだっかのな?


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄生活  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

西表島旅行記 その4

おきなわココロ:藤井

ぼちぼちお伝えしました西表島旅行記。
ついに最終回です♪

一日がかりのシーカヤックとジャングル
トラッキングで西表島の自然を満喫した一行。
近くの上原港からの石垣島行きの船が
台風の影響で欠航となったため、やむなく
車で小1時間程の大原港へ舞い戻り。

最終ギリギリの船に乗って、石垣港へ。
さらに小1時間程の船旅です。

DSC_1702.jpgDSC_1707.jpgDSC_1752.jpg
画像はすべてクリックで拡大

まずは宿泊先の「全日空ホテル&リゾート」へ。
ま〜。そりゃ大きなホテルで、迷いそうな程。笑。
今回は泊りのみで、あまりホテル内の施設を
利用できなかったのですが、プールやスパや
その他、あれやこれや(いい加減ですいません...)。

全日空ホテルはその他の地域でも泊まった事が
あるのですが、スタッフの方の対応は素晴らしいと
思います。こちらのホテルも例外ではなく。
目立たず、さりげなく、しかし気配りの行き届いた
サービスには感心させられます。

このホテルの裏っかわにはビーチがあって、
翌日石垣島を離れた私はビーチでまったりも
できなかったのですが、朝一番にだ〜れもいない
ビーチに出てみました。
ゆっくりと明るさの増して行くビーチは、
西表島の自然とは違って優しい感じがしました。

DSC_1719.jpgDSC_1718.jpgDSC_1729.jpg

で、この日の夕食は、やっぱり地元の海産物系!
と思っていたので、外メシです。
石垣島に居をかまえる友人オススメのお店をいくつか
教えてもらってたのですが、どこも連休中とあって
予約でいっぱい。で、ホテルのフロントの方に
教えていただいたのが、こちら「ひとし」さん。

マグロ漁船を所有している方のお店とあって、
旬の海産物のメニューが豊富です♪
まぐろの刺身やウニや石垣牛の牛刺し。
そして、地元の泡盛である「請福」を満喫。
ほぼ海産物のみでお腹を満腹にして、シアワセ...。
ちなみに価格の方も驚く程、お安いです♪

DSC_1856.jpgDSC_1860.jpg

翌朝は早い時間の飛行機だったため、西表滞在中には
すっかり頭から抜けていたお土産買いに奔走。
まずは、ココロの商品発送を担当していただいている
物琉さんのスタッフオススメのかまぼこ屋さん。
「かみやーき小(ぐゎー)」。

海産物が美味しい石垣島でも、1,2位を争う
美味しいカマボコ屋さんらしいですね♪
(タクシー運転手さん談。)
で、こちらのかまぼこは確かに美味しかったです。
アオサという沖縄独特の海藻入りのかまぼこや
もずく入りのや、人参などのお野菜入りのや。
その他、「まるぅぐゎー」と呼ばれる丸くて細長いヤツ。
どれもこれも美味しくて、バクバクと食べてしまいます♪

DSC_1821.jpgDSC_1832.jpgDSC_1835.jpg

そして、空港に着いたら飛行機の時間ギリギリだったにも
関わらず、思わず購入してしまったこちら。

石垣市プロデュースの「赤のティラミス」。
石垣空港限定販売。
フルーツパパイヤのゼリーに島豆腐という沖縄独特の
濃厚な豆腐とチーズで作ったティラミス部分?
そして、パパイヤの実となぜかまっ白な
コーヒーソースのトッピング。

パパイヤのデザートって初めて食べましたが、
この「赤のティラミス」はかなり新しいお味でした♪


という訳で、今回初体験の西表島及び、プチ石垣島の
旅でした!

余談ですが、沖縄の離島ってそれぞれにそれぞれに
空気みたいなのがあるのですが、ひとつ共通してるのは、
自然の大らかさとか優しさを感じられる辺りかな?
と思ったりします。

が、今回の西表島旅行は、ま、台風の合間をかいくぐって
っていう条件が重なったせいもあるかもですが、
沖縄の自然の厳しさを体感できた貴重な
体験だったように思います。

こういう自然の優しさや厳しさから昔の人間は、
本能として生きて行くすべを学校なんかに通わなくても、
自然と学べたのでは?と痛感しました。
まだまだ甘っちょろい経験だったと確信してますが、
例えば、戦争で学校になんか通えなかったおじーや
おばーが言う事が、優しく厳しく響いてくるっていうのは、
実体験として、ひとつひとつ、失敗を重ねながら
学んで来た普遍の真理だからかな?とも思うのです...。

ちょっと大げさな話かも知れないですね。笑。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif


posted by おきなわココロ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

西表島旅行記 その3

おきなわココロ:藤井

さて、西表島旅行2日目。
早起きして温泉にもつかり、朝ご飯もたっぷり食べて、
いよいよ今回の旅のメインイベントである
シーカヤックとジャングルトラッキングに出発!

シーカヤックなんてもちろん所有してませんし、
泳ぎの方もカナヅチに毛が生えた程度の私です。
ので、もちろんガイドさんつきの8時間のツアーに
参加したのですが...。笑。

今回申し込んだツアーは、前回の記事でご紹介した
西表島を走るメイン道路の終点、白浜港からの出発。
参加者は全部で8人でしたが、内7人が
シーカヤック初体験って事で、まずは陸で簡単な
シーカヤック基礎講座みたいなのを30分程。

う〜ん、実際に海に入ってみない事には、
実感が湧きません...って事で早速出港〜♪
今回乗ったのは、2人乗りのものでしたが、
シーカヤックというのは、後の人が足のペダルで
船尾についているカジを操作して方向を定め、
カイで漕いで前進したりバックしたりって感じです。
って、あまりに大雑把ですが...。笑。

DSC_1654.jpgDSC_1662.jpgDSC_1664.jpg
画像はすべてクリックで拡大

何とな〜く、コツを掴んだかな〜って頃には、すでに
陸は遠し...。後はガイドさんについてくしかありません...。
まずは、白浜港沖の海へ...。
行きは追い風だったので、そんなに漕がなくても潮の
流れに乗ってるとゆるゆるとカヤックは進みます。
これが、ま〜、気持ちよいです。

そこから、仲良川(ナカラガワ)の河口に入り、
グーンと両脇に迫ってくるジャングルを感じつつ、
またゆるゆると舟は進みます。

上流に進むに連れドンドン川幅が狭くなってくるので、
ここからは、カイでの細かい方向転換が必要になって
来るのですが、何ゆえ素人。そこらに突き出てる
枝にぶつかったり、川岸に突っ込んだり...。

ちなみに葉っぱが細長く尖ってる木は、アダンの木。
パイナップルのような実をつけるのですが、
この実はヤシガニの好物だそう。
ヤシガニというのは、かなり希少な巨大ザリガニの
ようなもので、噂によるとかなりの美味しさだそう。

さて、そんなこんなでゆっくりまったり
シーカヤックを楽しんでいると、舟がそれ以上
先には進めない小さな清流にたどり着きます。

DSC_1690.jpgDSC_1692.jpgDSC_1697.jpg

カヤックを降りて、ここらでお昼ご飯です♪
ガイドさんが用意してくれた沖縄そば〜♪
みんなで器にそばを入れたり、トッピングを盛ったり。
豚肉、かまぼこ、もずく、空芯菜、紅しょうが入りの
超豪華沖縄そば!

ちなみに画像ではわかりずらいかもですが、
この沖縄そば。通常の倍くらいの量があります。
が、ペロっと完食。自分の食欲に自分でビックリ。
今まで食べた沖縄そばの中で、一番美味しい沖縄そば
だったのでは?と思います!

食後、まったりしながら、川を覗くと、
そりゃいろんな生き物が川の中にいまして...。
でっかいカニさんも発見です。
このカニは食べられるらしいですが、お腹いっぱいの
一同は逃がしてやる事にしました。

DSC_1679.jpgDSC_1683.jpg

お腹も膨らみ、この後はジャングルトレッキングに...。
目にした風景のほんの一部は画像に留めてみましたが、
これから先は、写真どころの騒ぎではないな?という
直感が働き、カメラは諦めました...。スイマセン...。

コケが生い茂るツルツル滑る岩を登り、
岩の切れ目は泳いで渡り、さらに冷たい川の
水の中をズンズン進み。手始めに転んで岩に臀部を強打。

めげずにさらに上に進むと、小さな滝があり。
滝の真下に入る事ができて、気持ち修行僧の気分が
味わえます。笑。で、ここから引き返し。
この滝壺から下に降りるに、飛び込んだ水中に
何気に隠れてた岩に向こうずねを強打。

それでも、めげずに元来た道を引き返してる
つもりが、ガイドさんの策略により
カナヅチ程度の私も1m程の断崖絶壁?から
飛び込むハメに...。
「足がすくむ」とか、「腰がひける」とか
「ひざが笑う」とかっていう言葉の意味を
身をもって体験できました。笑。

何とか無事にカヤックまで、たどり着き。
ここからは、元来た白浜港への戻り道なのですが、
もちろん帰りは向かい風。
その上、台風の影響で、波が荒い...。
ガイドさんに「帰りはきついです。一生懸命
漕いでください!」とのお達しを受け。

とにかく、漕ぎ、ひたすら漕ぎ。
本気に必死に漕ぎ。それでも、進まず...。
この過程、本気にこのまま遭難してしまうのでは?
と思わせるくらい。自然ってのはあなどれません。

しかし、何とか無事に岸までたどり着き、
安心したせいで足下も確認せず、軽い気持ちで
カヤックを降りたら、海が思ってたよりも深くて、
股間を強打...。泣。

ヘロヘロな気分になりましたが、その後、
近くの上原港から出る石垣島行きの船が
台風の影響で欠航になってると聞き、
おぉ〜。そんな海をこんな小さなカヤックで
漕ぎ帰って来たんだ〜と思ったら、
妙にやり遂げた感に包まれたのでした...。笑。

西表島旅行記 続く...。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

西表島旅行記 その2

おきなわココロ:藤井

途中、間があいてしまいましたが、
西表島旅行記 続きをまたまたお届けしてみようかと...。

仲間川観覧から戻って来て、その足でレンタカーを借り、
早速、西表島を陸から様子見に...

DVC00196.jpg
画像はすべてクリックで拡大

西表島の道路らしい道路は、海岸沿いをほぼ一周する
舗装道路が1本のみ。
端から端まで行っても、1時間半くらいという
お話だったので、ぼちぼち物見遊山。

目にする標識は、「制限時速40km」「イリオモテヤマネコに
注意!」「イノシシに注意!」「カンムリワシに注意!」。
あ、そうそう。かなりの急カーブの手前にドクロマークの
標識と後、信号がひとつだけありました♪

夏休みが終わっていたせいもあるかもですが、
道行く車に出くわす事はかなりまれ。
人影などみじんもありません。
かなり快適なドライブ〜と思っていたのも束の間。
道の脇からちょこちょこ鳥が飛び出して来て、
なんとも優雅に歩いて道を渡るので、一同「おぉ〜」。

ちなみにカンムリワシやイノシシに出くわす事は
なかったのですが、一度だけ「イリオモテヤマネコ?」と
いう感じの猫が道をタタタッと横断...。
後で島の人に聞いたら、西表島には普通の猫も
いるというお話でしたが、私はあれはイリオモテヤマネコ
だったと信じて疑ってません!笑。

DSC_1433_03.jpg
DSC_1455.jpg

そんなこんなで道を行くと、「サキシマスオウノキ群生」
にたどり着きます。
道ばたの駐車場に車を止めて1歩踏み込むと、そこは
もうジャングルです。
ちょっと恐る恐る足を踏み入れてみます。

仲間川で目にしたサキシマスオウノキは、
大きな1本だけだったのですが、ここには、
大きさも形も様々なサキシマスオウノキが点在。
その他、ジャングルの木にまぎれた
サキシマスオウノキをキョロキョロしながら、
捜す楽しみもあります♪

この木根の板状に波打った形は眺めれば
眺める程不思議。
昔の沖縄には、サバニという木で作った小さな船が
あって、その船のカイにこの木根は使われて
いたらしく、なかなか強い木なのだそう。

DSC_1557.jpgDSC_1487.jpgDSC_1514.jpg

サキシマスオウノキを満喫した後は、さらに前進。
沖縄の観光イメージとしても有名なあの
水牛車がゆったりと浅瀬の海を渡って連れてってくれる
由布島(ゆぶじま)へ...。

由布島は西表島から水牛車で、20分くらいでしょうか?
島の中をゆっくり歩いて回っても、1〜2時間くらいの
小さな小さな島です。

ちなみに今は、島の中は亜熱帯植物園になってて、
物凄いきれいに整備されてます。
(西表の生の自然を目にした後だとそういう印象。笑。)
お土産屋さんなどもたくさんあって、
由布島限定「目玉おやじストラップ」なんてのもありました。

そんな中で一番気に入ったのは、植物園のあちこちに
見かけたハデハデカラーの置物?彫刻?たち♪
どれも子供が乗れるようになってたり、ゴミ箱に
なってたりかなり実用的かつ芸術的なのです。

DSC_1625.jpgDSC_1645.jpgDVC00204.jpg

この辺りでちょうどいい時間になったので、
宿泊先のホテル「パイヌマヤリゾート」へ...。
「パイ」というのは、八重山の方言で「南」。
「マヤ」は「猫」。「南の猫」。
ま、イリオモテヤマネコの事ですね♪

このホテルは西表島温泉という日本最南端の
温泉がある場所に建てられたもので、
宿泊してるともちろん温泉は無料で入れます。
男湯と女湯も時間で入れ替わるので、
両方楽しめて露天もあり。
さらに水着着用の男女混合露天&プールもあり。
何か西表島らしくない?ゴージャスさです。笑。
24時間入れない辺りが残念っ!

で、女湯で軽くお湯に浸かって、夕ご飯。
今回は夕食付きだったので、ホテルでお夕食。
メインのメバチマグロのステーキは、
ボリュームもたっぷりで満腹でした♪

この日は翌日待ってた西表島旅行記
一大イベントのため早めに就寝。

翌朝は長かった旅路の為、疲れてまだまだ寝ている
友人達をそっと部屋に残して、朝6時から
開いてる温泉に一番乗りで行ってみました。
まだ外は真っ暗でしたが、お湯に浸かってるうちに
ゆっくりゆっくりと白んでゆく空をボーッと
眺めながら、ま〜、至福なひととき...。

と言う訳で、西表旅行記続く...。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif


posted by おきなわココロ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

『海ぶどう・タコライス・島とうがらし』プレゼント!

おきなわココロ:藤井

DSC_1288.jpg

もうすぐ秋分の日ですねぇ。暦の上では秋。
台風一過の沖縄も、本日は過ごしやすい天気です。

沖縄は、あまり春や秋というイメージではないかも
知れませんが、一応、秋のようなものがあります。笑。
10月くらいの沖縄は、気温も湿度も快適で、
一年の中でも過ごしやすい日々が続きます。

みなさまがお住まいの地域では、あちらこちらに
小さい秋を感じ始めている頃でしょうか?

で、秋と言えば、芸術よりも、スポーツよりも
やっぱり食欲?って事で...。笑。
今月のプレゼントのお知らせです♪

present41.jpg

今月は食欲の秋にふさわしく、沖縄の食材を
いろいろ集めてプレゼントしちゃいます!

まずは、ココロのHPに遊びに来てくださる方に
大人気の「海ぶどう」。
そして、ご飯にかけるだけで簡単に沖縄の味の
「タコライスの素」。
さらに、「沖縄そば乾麺、濃縮そばだし、ソーキ、
島とうがらし」で、沖縄そばもどうぞ♪

どれもご家庭で簡単に召し上がれるものばかり!
アンケートにお答えいただいた方の中から
抽選で3名様にプレゼントです。
ご応募はこちら
(2007年9月30日締切)

さて、今月のアンケートのテーマは
「サンドイッチ」!
みなさまの好きなサンドイッチと、
サンドイッチへのプチこだわりなど教えてくださいね♪

あ、そう言えば、弊社で行ってるこの毎月の
アンケート企画。
アンケート結果をまとめてお知らせしてるのですが、
これがなかなか好評をいただいてまして、
嬉しい限りです♪

こちらで紹介してますので、お暇のある時にでも
覗いてみて下さい。
楽しいやら、同感するやら、同情するやらいろいろです。笑。


さて、食欲の秋。
(と言っても、今年は夏バテもなく、年中食欲ありの
私なのですが...。)

先日、こんなハンバーガーを食べました。
ゆうに普通のハンバーガー3〜4個分あるのでは?
と思われる巨大バーガー。

第一印象が「重いっ!」。アメリカンな感じで、
味は意外にあっさりなのでわりと食べられます。
あ、でも最後の方は根性入れてって感じでしたが...。
で、当分、ハンバーガーは見たくないです...。苦笑。

タコライスとか、ハンバーガーとか、沖縄には、
こうしたアメリカ文化の影響大のお店もちらほら。
この巨大バーガーのお店は雰囲気もかなりアメリカンです。
興味のある方は、話のタネにでも一度行ってみてください。

ROUTE 58 CAFE
〒901-0225 沖縄県豊見城市豊崎1-411
豊崎ライフスタイルセンター「トミトン」1F
TEL:098-995-8558
OPEN:11:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif
posted by おきなわココロ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄生活  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。