2007年09月25日

西表島旅行記 その4

おきなわココロ:藤井

ぼちぼちお伝えしました西表島旅行記。
ついに最終回です♪

一日がかりのシーカヤックとジャングル
トラッキングで西表島の自然を満喫した一行。
近くの上原港からの石垣島行きの船が
台風の影響で欠航となったため、やむなく
車で小1時間程の大原港へ舞い戻り。

最終ギリギリの船に乗って、石垣港へ。
さらに小1時間程の船旅です。

DSC_1702.jpgDSC_1707.jpgDSC_1752.jpg
画像はすべてクリックで拡大

まずは宿泊先の「全日空ホテル&リゾート」へ。
ま〜。そりゃ大きなホテルで、迷いそうな程。笑。
今回は泊りのみで、あまりホテル内の施設を
利用できなかったのですが、プールやスパや
その他、あれやこれや(いい加減ですいません...)。

全日空ホテルはその他の地域でも泊まった事が
あるのですが、スタッフの方の対応は素晴らしいと
思います。こちらのホテルも例外ではなく。
目立たず、さりげなく、しかし気配りの行き届いた
サービスには感心させられます。

このホテルの裏っかわにはビーチがあって、
翌日石垣島を離れた私はビーチでまったりも
できなかったのですが、朝一番にだ〜れもいない
ビーチに出てみました。
ゆっくりと明るさの増して行くビーチは、
西表島の自然とは違って優しい感じがしました。

DSC_1719.jpgDSC_1718.jpgDSC_1729.jpg

で、この日の夕食は、やっぱり地元の海産物系!
と思っていたので、外メシです。
石垣島に居をかまえる友人オススメのお店をいくつか
教えてもらってたのですが、どこも連休中とあって
予約でいっぱい。で、ホテルのフロントの方に
教えていただいたのが、こちら「ひとし」さん。

マグロ漁船を所有している方のお店とあって、
旬の海産物のメニューが豊富です♪
まぐろの刺身やウニや石垣牛の牛刺し。
そして、地元の泡盛である「請福」を満喫。
ほぼ海産物のみでお腹を満腹にして、シアワセ...。
ちなみに価格の方も驚く程、お安いです♪

DSC_1856.jpgDSC_1860.jpg

翌朝は早い時間の飛行機だったため、西表滞在中には
すっかり頭から抜けていたお土産買いに奔走。
まずは、ココロの商品発送を担当していただいている
物琉さんのスタッフオススメのかまぼこ屋さん。
「かみやーき小(ぐゎー)」。

海産物が美味しい石垣島でも、1,2位を争う
美味しいカマボコ屋さんらしいですね♪
(タクシー運転手さん談。)
で、こちらのかまぼこは確かに美味しかったです。
アオサという沖縄独特の海藻入りのかまぼこや
もずく入りのや、人参などのお野菜入りのや。
その他、「まるぅぐゎー」と呼ばれる丸くて細長いヤツ。
どれもこれも美味しくて、バクバクと食べてしまいます♪

DSC_1821.jpgDSC_1832.jpgDSC_1835.jpg

そして、空港に着いたら飛行機の時間ギリギリだったにも
関わらず、思わず購入してしまったこちら。

石垣市プロデュースの「赤のティラミス」。
石垣空港限定販売。
フルーツパパイヤのゼリーに島豆腐という沖縄独特の
濃厚な豆腐とチーズで作ったティラミス部分?
そして、パパイヤの実となぜかまっ白な
コーヒーソースのトッピング。

パパイヤのデザートって初めて食べましたが、
この「赤のティラミス」はかなり新しいお味でした♪


という訳で、今回初体験の西表島及び、プチ石垣島の
旅でした!

余談ですが、沖縄の離島ってそれぞれにそれぞれに
空気みたいなのがあるのですが、ひとつ共通してるのは、
自然の大らかさとか優しさを感じられる辺りかな?
と思ったりします。

が、今回の西表島旅行は、ま、台風の合間をかいくぐって
っていう条件が重なったせいもあるかもですが、
沖縄の自然の厳しさを体感できた貴重な
体験だったように思います。

こういう自然の優しさや厳しさから昔の人間は、
本能として生きて行くすべを学校なんかに通わなくても、
自然と学べたのでは?と痛感しました。
まだまだ甘っちょろい経験だったと確信してますが、
例えば、戦争で学校になんか通えなかったおじーや
おばーが言う事が、優しく厳しく響いてくるっていうのは、
実体験として、ひとつひとつ、失敗を重ねながら
学んで来た普遍の真理だからかな?とも思うのです...。

ちょっと大げさな話かも知れないですね。笑。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif


posted by おきなわココロ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。