2008年01月10日

関西旅行記 その2

おきなわココロ:藤井

さて、初日からなかなかテンションが上がった
関西旅行、2日目です。
大晦日のこの日は、関西辺りに在住している友人2人に
大阪をあちこち見せて貰いまして...。

ホテルまで迎えに来てもらったので、そのまま
梅田の地下街をテクテク歩いて、早めのお昼ご飯に。
大晦日でも確実に開いてるって事で、阪急三番街。

DSC_5927.jpgDSCW5936.jpgDSCW5946.jpg
画像はすべてクリックで拡大

「Cante Cante(カンテ・カンテ)」という
インド喫茶に案内して貰いました♪
何やら、ウルフルズのトータス松本氏がこの関連の
お店でバイトしてたらしいです。

何品かいろいろ頼んで、みんなでちょこちょこ
食べましたが、このチャパティー定食はスパイシーで
めちゃめちゃ好みの味。オイシかったです♪
その他、モロッコのアップルティーとか、トルコの
ミントティーとか変わったドリンクもあり。

定食のデザートで食べたゴマチーズケーキも◎。
あ、●びっくりその5
大阪人は意外にエスニックフードが大好き?

このインドカレーだけじゃなく、大阪では
タイ料理屋さんとか、エスニック系のお店を
あちこちで目にしましたです。笑。

で、お腹も膨らんだので、地下鉄に乗って、
友人達オススメの「アメリカ村」辺りへ。

DVC00018.jpgDSC_5973.jpg

この辺りは、どうやら若者文化と言うのか、大阪の
アンダーグラウンド的文化と言うのか、
お店に並んでいる服なんかも個人のデザイナーの方が
経営されてる風なちょっと個性的なものが多くて、
街をぶらぶら見て回ってるだけでも楽しかったです。
街の雰囲気は何でしょ?東京で言うなら、
下北沢と原宿を足して2で割った感じ?笑。

DVC00020.jpg

アメリカ村の中心辺りにある三角公園でおやつ。
「甲賀流」というたこ焼き屋さんのたこ焼き♪
オーソドックスなソース、マヨネーズ、かつおぶしの
たこ焼きはトローっとしてて、沖縄では絶対に
味わう事にできないオイシさでしたっ!

ちなみに奥の方のだし、酢醤油、マヨネーズ、そして
ネギ大量に七味がかかった変わりたこ焼き。
最初、食べた時はなかなか衝撃的な味でした。
で、食べ進むと意外になんだかクセになる味。笑。
さすが本場、大阪のたこ焼きはいろいろです...。

DSC_5965.jpgDSC_5976.jpg

で、道々いろんな看板をまたまた目にしました。
この白い看板は、なかなかのお気に入り。
大阪の街でみかけるイラストとかって、ほんわか〜な
感じのものが多くて、やはりゆる〜い感じの沖縄人が
見るとやけに共感してしまいます...。

さらに、駅に向かう途中の清潔な感じの通りに
突如出現するビルの壁一面のグラフィティ!
こういうの、沖縄市辺りでもよく見かけたりするの
ですが、う〜ん、腕前の方は大阪に軍配ですかね?笑。
沖縄でも、大阪でもいつも思うのですが、こういうのって、
いつ?誰が?どうやって描いてるんでしょう...。


さて、ここから、地下鉄で移動して、今度は新世界へ!
ここは、また全然違う独特の雰囲気です。
アメリカ村が若者文化なら、ここはおじさま文化と
言う所でしょうか?
有名らしい囲碁センターなんかも覗かせて頂きました♪
囲碁テーブルが所狭しと並んでる店内で、きっと
スゴい腕前なんだろう方々が勝負に挑んでる姿を
ガラス戸越しに覗く事ができます。

店内には、「初心者歓迎」とか「学割あり」とか、
書いてあったのですが、とても初心者や学生が
軽い気持ちで入っていける雰囲気ではありません。

DSC_6000.jpgDSC_0016.jpgDSC_0017.jpg

そんな通りを抜けて、行ってまいました「通天閣」!
ここに祀られている(?)「ビリケン」は、
アメリカの芸術家が制作したおちゃめな像で、
その足の裏をかくと、幸運になるそう!笑。
もうすぐ、このビリケンは生誕100周年なんだそうです。
あ、ビリケンの誕生秘話なんかもオモシロいので、
詳しくは、こちらへ。

この通天閣って、東京タワーなんかよりも、さらに
庶民的な感じで最上階の雰囲気なんかも、何だか
親しみの湧く感じで楽しかったです。
あ、でもこの辺りは好みがはっきり分かれるかと...。

ちなみに通天閣で貰ったパンフレットには、
「通天閣フィギュアペーパークラフト」がついてて、
家に持ち帰って、通天閣を作って遊べたりします。

さらに通天閣の入場チケット、大人用はビリケンの
かわいらしいイラスト付きなのですが、子供用は
なぜか、1956年のデザインの復刻版でちょっと
レトロな感じなのですぅ。

で、びっくりその6
●通天閣の目の前には、普通に人々が暮らしている
建物がドーンとそびえている!

これは、ほんとにビックリでした。

その後、通天閣の近くの喫茶室?でお茶して、
お子の頼んだミックスジュースなんかを味見。
案内してくれた友人達曰く、
「ここのは、みかんとパイナップルの味が強い!」
大阪人はミックスジュースの味にはうるさいようです。

多分にこの喫茶室も新世界っぽい雰囲気?で
なかなかよかったのですが、ここから先
画像が一枚も残ってません〜〜〜。泣。

この後、夕ご飯は道頓堀のお好み焼き屋さんで、
豚玉とか、トマト味の焼そばとか、磯焼きとか、
ほんっとにイロイロとおいしかったし、
道頓堀地ビールなんてのにも巡り会いました♪
道頓堀地ビール!色が濃いめのと薄めの2種類
ありましたが、薄めの方が、なかなかコクがあって
オイシかったです!
(ほんっとに画像がないのが、悔やまれます...。)

で、びっくりその7
●お好み焼きの味は「焼き」で決まる!?

お店の名前も思い出せないこのお好み焼き屋さん
なのですが、その焼きは、まぁ〜、職人ワザです!
ズーッと付きっきりではなく、まずは生地を
鉄板に開けてどっかに行ってしまいます。

見ていると、こ、これ大丈夫?と思うのですが、
見事なタイミングでお店の方がササッと現れ、
ヒラっとひっくり返してまたどっかに行ってしまいます。
しばらくすると、さらに見事なタイミングで、
ソースとマヨネーズ、そして青のりをササッと塗って、
どこかに行ってしまいます。

そして出来上がったお好み焼きの味はスバラスィ〜。
これは、とても素人には太刀打ちできないなぁと
感動でした♪

と言う訳で、友人達の案内のお陰で、とても濃い大阪を
堪能できた一日でした!
で、つづく...。


Copyright (C) since2005 OkinawaKokoro CO., LTD. All Rights Reserved.
※この記事内の画像等をご使用いただく場合はリンクをはってもらえると嬉しいです。

b88_31.gif

ラベル:大阪 沖縄 旅行
posted by おきなわココロ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。